auはキャリア決済よりもプリペイドカードの発行に力を入れています。

プリペイドカードと併せて活用したいキャリア決済「auかんたん決済」

auかんたん決済

auかんたん決済

auかんたん決済はauの携帯・スマホを持っていれば手続き不要ですぐに利用できます。
「auひかり」もしくは「auひかり ちゅら」契約中でIDを取っていない方は無料のID登録のみ必要です。

 

限度額は年齢とauによる独自審査で決定されています。
使えない環境や限度額の制限、拡大を希望する場合は個別に手続きを行わないといけません。

 

auかんたん決済の限度額
12歳以下 1,500円
19歳以下 10,000円
20歳以上 最大100,000円(携帯電話の契約、キャリア決済の利用状況に応じて審査の上決定)

 

 

au WALLET プリペイドカードと使えるお店が違う

auはキャリア決済よりもau WALLET プリペイドカードの発行に力を入れています。
新規契約すると、WALLETポイントプレゼントの特典を用意して利用者を増やしています。

 

プリペイド式のau WALLETも「auかんたん決済」の一部に分類されていますが、端末だけあれば利用できるキャリア決済と、au WALLETで使えるお店は違います。
au WALLETはマスターカードのカードブランドを使っているので、クレジットカードを使える店舗なら幅広く利用できます。

 

キャリア決済は、ゲーム、配信サービスなどオンラインサービスに重点を置いています。
au WALLETプレペイドカーに力を入れているため、端末についているIC機能やQRコードを使った店舗でのキャリア決済の拡充にはあまり力を入れていません。

 

 

au WALLET プリペイドカードを作ってキャリア決済でチャージする

auが推奨する店頭でのキャリア決済は、au WALLET プリペイドカードにキャリア決済でチャージして、幅広いお店で活用することです。
キャリア決済で物を買うのに手間かかるのと、事前チャージ制なので、ぴったり使わないと残額を再度使わないといけない気持ちになってしまいます。

 

プリペイドカードに応用することで使える店舗は非常に幅広く、クレジットカードに近い感覚で利用できます。
限度額も20歳以上なら最大で10万円なので、クレジットカードや電子マネーのような感覚でauキャリア決済をしたい人にオススメです。

 

プリペイド式のau WALLETは未成年者でも発行できます。
クレジットカード機能付きは18歳以上が条件です。

 

 

キャリア決済ではポイントが貯まらない

auではWALLETポイントとして、携帯代やプリペイドカードで使ったお金に対してポイントが貯まります。
携帯電話料金は通信料のみが対象でキャリア決済をしてもポイントは貯まりません。

 

プリペイドカードは200円で1ポイント、au WALLETのクレジットカードなら200円で2ポイント、携帯代は1,000円ごとに10ポイント貯まります。
ポイント還元率はまずまずで、貯まったポイントは提携店や提携サービスのポイントへの交換、auの携帯代に使うことができます。

 

トップへ戻る