キャリア決済とキャッシュレス決済の違いとは?支払い形式や利便性など

キャリア決済と他のキャッシュレス決済を比較!メリット・デメリットまとめ

キャリア決済とは

"キャリア決済"は、au、Softbank、docomoなどに代表される携帯電話の通信業者から提供される決済手段です。携帯電話の使用料金と共にネットショップ利用時の購入代金などを支払えるという特徴があり、近年普及を見せたキャッシュレス決済の1つに数えられています。

 

キャリア決済のメリットは数多く挙げられますが、豊富なキャッシュレス手段が出そろった現代において「最も有効的なサービス」という点では、賛否両論です。
各キャッシュレス決済手段のメリット・デメリットと比較して検討することで、本当に利用すべきサービスかどうか議論を深めていきましょう。

 

他キャッシュレス決済とキャリア決済の違い

スマホとクレジットカード

クレジットカードとの違い

最も代表的なキャッシュレス決済として挙げられる"クレジットカード"は、日本において最もユーザーの多いキャッシュレス決済手段です。日本にある多くのお店で利用できる上に、特別な契約をしなくても海外でそのまま消費活動を行えるメリットがあります。

 

しかし、契約には審査が必要なため、未成年は利用できません。一方でキャリア決済は未成年でもクレジットカード所有者のような買い物が実現できる上に、上限額が低く設定されているので、安心安全に利用を推奨できます。
ネットショップが主流の世の中では、未成年にとってキャリア決済は便利な手段であるに違いありません。

 

電子マネーとの違い

SuicaやEdyに代表されるキャッシュレス決済が"電子マネー"です。チャージした分のお金しか使えないデメリットとも思える側面は、裏を返せば使いすぎを防ぐメリットと言えるため、キャッシュレス初心者にオススメのサービスといえます。

 

また、電子マネーは町中で利用できるお店が拡大している傾向にあり、一部の電子マネーはネットショップでも利用可能です。キャリア決済は実店舗での利用が不得意な傾向にあるため、子供に与える場合は使い分けが可能です。

 

スマホ決済との違い

スマホ決済は、PayPayやLINE Payなどのアプリを利用して決済が行えるキャッシュレス決済方法です。2019年10月に始まったキャッシュレス・ポイント還元事業の影響により町中で利用できる機会が拡大しました。

 

スマホ決済の魅力はなんと言っても"お得"なサービスの展開です。クレジットカードを連携させることでポイントの2重取りも可能で、キャッシュレス決済の中では群を抜いてお得なポイントシステムといえます。一方で最高率を実現するための手間が煩わしく、"簡単さ"ではキャリア決済には敵いません。

 

利用者のニーズによってそれぞれ使い分けられる

各キャッシュレス決済はどれも魅力的なメリットを携えていますが、どれも"未成年の利用"と言う観点では、少し利用が難しい傾向にあります。未成年の利用者、若しくは簡単にキャッシュレス決済を取り入れたい一部のキャリアユーザーにとっては、非常に便利なサービスとなるのではないでしょうか。

トップへ戻る