スマホ決済の原点!?おサイフケータイの概要や現代における形

ガラケーの頃から愛用されていた!「おサイフケータイ」~スマホ決済との違い

おサイフケータイとは?

おサイフケータイのイメージ

"おサイフケータイ"とは、ICチップが内蔵されたスマートフォンを専用の読み取り端末に近づけるだけで、決済が可能となる機能(または同一の機能が備わったスマートフォンそのもの)を指します。

 

すでにサービスの開始から15年が経過しており、いわゆるガラケーの頃から採用されていた機能です。また、現在はスマートフォンの便利機能の1つとして認識されていますが、初期のスマートフォンにはおサイフケータイ機能が搭載されていない端末の方が多く、おサイフケータイを使うためにガラパゴスケータイにこだわるユーザーも多く見受けられました。

 

現在は"Pay"として愛されている

ユーザーの中には、そもそもスマートフォン以外使ったことの無い人もいる時代です。そのため、おサイフケータイという言葉に馴染みが無いかもしれませんが、「Apple Pay」や「Google Pay」などの"~Pay"と言う形で多くの人の生活に浸透しています。

 

また、最もユーザーが多くおサイフケータイのサービスにおける代表格とも言える存在となるのは、「Suica」です。カード型の電子マネーとしても多くの人に愛されてきたSuicaですが、スマホをかざすだけでその機能を利用できる時代になったことで、更に爆発的にユーザーを増やしました。

 

スマホ決済とは技術が違う

"〇〇Pay"と言う形で親しまれるサービスの内に、「PayPay」や「LINE Pay」などのスマホ決済が挙げられます。それらのサービスとおサイフケータイは似ているようですが、異なるサービスです。

 

スマホ決済の多くは"バーコード・QRコード"により決済を行うため、ICチップの読み取りを行う専用の端末が必要ありません。店側は導入のハードルが低くなり、利用者はICチップの搭載を気にして端末を選ぶ必要がなくなりました。

 

ですが、どちらの決済方法も等しくキャッシュレス決済に分類され、これからの日常では欠かせない決済手段の1つとされている事実に違いありません。

 

おサイフケータイを理解するためのQ&A

生活はどう変わったの?

少額の会計ならばお財布を取り出す必要がなくなりました。特にSuicaが利用できるようになってからは、券売機で毎回チャージする必要がなくなるという、大きなメリットを生み出しました。

現金はもういらない?

そうとは言えません。日本では現金の信頼性が圧倒的に高く、世界と比べても偽札の流通を心配する必要があまり無いです。用途によって使い分けられると良いのではないでしょうか。

どのような人にオススメ?

クレジットカード契約者ならば利用しておきたいです。特に時間が無い現代社会人が、細かいところで余計な手間に煩わされないためには非常に有効的なサービスといえます。

 

 

これから使い始めても全然遅くないサービス

世の中にはスマホ決済が広まりを見せ始めていますが、おサイフケータイの技術が活用する場面も未だ見受けられます。「今更導入しても…」と思われるかもしれませんが、キャッシュレス手段が多様化している世の中において、これから使い始めても十分に便利なサービスなのではないでしょうか。

トップへ戻る